秋の京都旅 2019 #4

岩倉にある岩倉具視の幽棲宅にいったところからでした。

とにかく京都は良いお天気で勝つ気温も高く20度前後。フリースだと汗が吹き出ます。Tシャツでもオッケーかもしれない。さて、岩倉から国際会館まで戻って、そこから大原へ。今日のお宿は「茶谷」さんです。これで3回目。相変わらず良い宿ですー。時間は13時すぎ。まずは三千院前にあったうどん屋さんへ。キレイでまぁまぁ美味しかったです。梅うどんだったかな?
IMG_20191108_135530.jpg

三千院、今年こそは行こうと思ったのですが、門前でいつも躊躇しちゃって、例に違わず今年もスルーしちゃいました。拝観料が高いんです。確か1000円(もしくはそれ以上)かかります。それで、宝泉院へ行きました。ここも高い。1000円だったかな?でもここはお茶とお菓子付きなのでまだ許せますね。前回は夜に拝観したので、血天井がはっきりわからなかったんだけど、やはりお昼はクリアに見えます。
IMG_20191108_143336.jpg
IMG_20191108_143735.jpg
IMG_20191108_143810.jpgIMG_20191108_143658.jpg

次は「勝林院」。初めてです。人も少ないし、拝観料は300円で安いしとても良かった。大原でも古いお寺で、もともとは大きな敷地だったそうです。ここ、天台声明(歌みたいなお経)発祥の地だそうです。ボタンを押すと声明が流れる装置もありましたよ。また、「大原問答」の舞台のお寺で法然上人vs他僧の問答大会が開かれて、法然圧勝したんですって!で、平家公達の敦盛を殺して出家した熊谷直実(法然の弟子)が、もし法然が負けたら相手を殺してやろうと刀をそっと懐に隠していたとか・・・。でも圧勝だったのでその刀を捨てたらしい藪がこちら
IMG_20191108_140954.jpgIMG_20191108_141014.jpg

勝林院の全景。この阿弥陀様がとっても穏やかな優しいお顔だったので写真撮っちゃいました。禁止の札もなかったので。
IMG_20191108_141318.jpgIMG_20191108_142310.jpgIMG_20191108_141649.jpg


さてここから約1km以上ある、建礼門院様ゆかりの寂光院へ向かいましょう。途中、「おぼろの清水」という小さな泉があります。建礼門院が寂光院にお入りになる道すがら日が暮れて、月の明かりでこの泉に姿を映されたといいます。今は水は枯れてたような気がしますが・・・。はっきり見えないのですよね。
IMG_20191108_150938.jpgIMG_20191108_151000.jpg


建礼門院様を思いながら、大原の畑地の中をゆっくりと進みます。寂光院は放火で焼け出された御本尊木造地蔵菩薩立像を特別公開していました。真っ黒に炭化した御本尊でしたが、。でもしっかりと立っていらっしゃいました。その菩薩様のお腹の中に入ってた3千体もの小地蔵尊は無事で、これらも見ることができました。もう、すごいですよ。彩色してある小さな菩薩様が3千も入ってるんですよ?昔の人ってのはすごいですよね・・・。
IMG_20191108_151926.jpg
IMG_20191108_153041.jpg

建礼門院様のお墓もお参りしてきましたし、今年は久々に阿波内侍のお墓も行ってきました。やはり寂光院は良いですね。平家物語が好きだからってのもあるでしょうが。放火犯が本当に憎いです。

もう5時近くです。宿に帰りましょうか。続きは今度





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント