翔ぶが如くの旅⑩

もう10回なのですね。。


さて続き。南洲墓地へ行ったところ。

桐野利秋の墓からでした。墓前には「SAMURAI」という香水がありました。気が利いた方が供えたのでしょうね
画像



これは12・2の桐野の誕生日のお墓。まるでお墓デコレーションです。でもこれはこれでいいよね!明るくて。2年前だったかは黄色の花ですごく綺麗でした。人気があるのですね。
画像



大好きな永山盛弘(弥一郎)。北海道屯田兵創設に尽力した、北海道とは縁の深い薩摩隼人です。彼は明治8年に鹿児島に帰って西郷軍の指揮官になります。
画像

画像


ボッケもん 辺見十郎太。
画像


村田三介。
画像


西南戦争時の鹿児島県令(今でいう知事)大山綱良。薩軍に資金面で支援しました。戦後に長崎にて斬首されているのですが、お墓はここにあります。一番大きな墓石です。
画像


岩村県令記念碑。岩村(土佐出身)は大山の後に鹿児島県令になったんだけど、賊である薩軍を手厚く葬った方らしい。ので南洲墓地にこの碑があるというわけです。
画像



今の宮崎・佐土原藩を率いて出兵した島津啓次郎。10代前半でアメリカ留学した、これまた秀才。戦争が唯一の問題解決法だったこの時代が憎いな。。。
画像

画像


大分中津隊を率いた増田宋太郎。同郷の偉人に福沢諭吉。従兄弟です。大分にも行ってみたい!
画像


知らない方の墓石の後面には亡くなった日と場所が刻まれています。「肥後国 田原坂」ってのを見て現実なんだな・・・って、背筋が寒くなる感じがしました。
画像



南洲墓地には墓石が700余基、2000人が眠っているそうです。回りきれなかったのでもっと勉強してまた行きたいです!!!!
画像



私は、薩摩って嫌いな藩だったんですよ。会津についたり長州についたり。権謀術数に長けてるというか。鎖国なのに、中国なんかと貿易して金貯めたり、またまた鎖国なのにイギリスなんかに留学させたり。でも色々知るうちにそれはそれでなかなか面白い藩だなって思うようになりました笑。薩摩って日本を薩摩にしたかったんじゃないかな?日本を征服したかったんだよ!絶対にそうじゃない?笑

今宵は「シルクイン鹿児島」天然温泉がすごく良かったので今年もここにしました!
画像

画像


あー容量マックスきたー。明日は最終回です






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック